お悩み

Trouble

子供の歯が心配

0067010004

乳歯は生後6か月~2才頃までに前歯から順番に生えてきます。永久歯は、生後6か月~12才頃までに生え変わります。最近は顎の大きさの関係で、親知らずが生えてくる場合も少なくなりましたが、生えてくる場合は、12才~20才ぐらいの間となります。
生え変わる順序や時期には個人差があるので、半年程度の違いは心配いりません。

子供の歯のために、お母さんがしてあげること

生えたばかりの乳歯や、永久歯は虫歯になりやすく、進行も早いのが特徴です。永久歯は一生に一度しか生えてこない、とても大切なものです。気を抜かずにお子様の歯の管理をお願いします。
歯が生え変わる期間は歯並びが不揃いで、歯磨きしにくい状態です。また、生えてから3年以内の歯はエナメル質が弱く、とても虫歯になりやすいの気をつけなければなりません。
是非とも小学校高学年までは、お子様の歯磨きの後に、必ず仕上げ磨きでみてあげて下さい。私たちも、歯磨きの指導を行っておりますので、歯磨きが難しいと感じられる方は、ご相談ください。

ご存じですか?6歳臼歯

乳歯と永久歯は本数が異なります。乳歯の奥に生えてくる永久歯を6歳臼歯と呼びますが、この歯が大変虫歯にかかりやすいです。奥に生えてくるため、チェックしにくいのと、完全に生えるために1~1年半もかかります。この歯は成人になっても一番噛む力が強く、歯並びや咬み合わせの基本となる歯です。歯みがきと同時にシーラントやフッ素塗布などを利用して守っていきましょう。

シーラント

奥歯の表面は凸凹が多く、磨き残しが多いため、虫歯になりやすい箇所です。この凹凸をシーラントと呼ばれるプラステック樹脂で埋めて平らにすることで、汚れが溜まりにくくなり、歯ブラシが当たりやすい表面になります。
シーラントは永久的ではないので、定期検診で、シーラントの状態もチェックしてもらいましょう。

1031510001 arrow 1031510004 arrow 1031510005
フッ素塗布

フッ素の役割は大きくわけて2つあります。1つ目は、歯に直接働きかけ、歯の表面エナメル質に耐酸性の強い結晶をつくりますので、歯質が強化されます。ごく初期の虫歯でしたら、再修復してくれます。2つ目はお口の中の環境に働きかけてくれます。抗酵素作用や抗菌作用により、虫歯菌が出す、酸産生の抑制を行います。3ヵ月毎の検診にお越し頂き、フッ素塗布をおすすめします。

ご予約、ご相談はお気軽にお問合せ下さい
TEL.048-987-2698
市川歯科医院(土日祝日も診療しております)
新越谷駅・南越谷駅 徒歩2分